So-net無料ブログ作成

やっぱり、こうでないと。 [日々発見]


 表紙といい、内容といい、このゆるさがグッド。
私は所さんの脱力したゆるい本気さがすごく好きなんだけど、
あの感じに近いなあ。
もっと書きたいことがあるんだけど、
長くなるのでまたにする。 
 

長くなるのでまたにする。

長くなるのでまたにする。

  • 作者: 宮沢 章夫
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2015/03/21
  • メディア: 単行本

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

意味のある文章を書くために、必要なものとは? [上達のヒント]


 Macで使えるアウトライナーをずっと探していました。
Windowsでは「アイデアツリー」がよいのですが、Macでは「オムニアウトライナー」かなと思っていました。
そこまで多機能でなくても私の場合はいいのですが。
またEvernoteをアウトライナーのように使用してきました。しかしクラウドサービスということで、ネットにつながないと使えないということがネックになりました。
今回改めて、自分の文章作成のためにツールを考えなおそうと思って、以下の本を読むことにしました。
薄い本でKindleですが、示唆が多く、参考になりました。
タイトルでもある「意味のある文章」すなわち価値ある文章を書くためには、アウトライナーは必要だと思います。アタマの中でアウトラインを整理できる一部の天才を除けば、きっと役立つと確信しています。 
 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

情報をムダなく片付けて、何をめざすのか。 [問題解決につながる]

自分のやり方も結構磨いてきたと思いましたが、まだあるんだなあと思わせてくれました。
 
グーグルクローム、Evernote、ドロップボックスなどは定番ですが、軸をもって使っている人は少ないようです。
 
本書はこれから取り組もうと思っているかたにすごく参考になると思います。
 
私はMac用のアウトライナーを探していますが、なかなかよいものがありません。Windowsなら以前使っていた「アイデアツリー」がいいのですが。このアイデアツリーを使いたくて、Windowsを入れようかと思うくらいです。
 
ムダなく片付けができたとしても、それは出発点です。それで何を創り出すのか。それが一番大事です。  
 
 

ほんの1秒もムダなく片づく 情報整理術の教科書

ほんの1秒もムダなく片づく 情報整理術の教科書

  • 作者: 根岸 智幸
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2015/06/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ひさびさの谷川会長の嬉しい1冊。 [私のお気に入り]

今度、新しい棋戦が生まれる。その名も「叡王戦」。
コンピュータの代表「電王」と棋士の代表「叡王」が2回戦う。
それに合わせて?谷川会長の新刊が出ていた。
発刊を知らなかったので、「予想外の一手」。
 
現在の心境や棋界を代表する羽生さんや森内さん、佐藤さんがバックグラウンドで、いかに普及に腐心しているかなどもわかって、すごく応援したい気持ちになった。
 
本書は将棋ファンだけではなく、読める本だと思う。
日本将棋連盟の変化対応を自社の業界に置き換えて考えることもできる。
ぜひ一読を勧めたい。 
 
 

常識外の一手 (新潮新書)

常識外の一手 (新潮新書)

  • 作者: 谷川 浩司
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: 新書

 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

あの会社はどうして、いつも元気なのか? [経営に役立つ]

本書はテーマに答えてくれる本だ。
経営者夫人である副社長が書いているので、身びいきがあるかもしれないが、それを割り引いても参考になる本だ。
今までも本書のような、会社でやっているネタ本はたくさん出ている。
しかしこの本は、20年以上かけて、試行錯誤の末に生まれた仕組みだと思う。
これからも、これらの仕組みは、絶えず時代に合わせて、変えていくだろうし、それがこの会社が元気な理由だと思う。これからも当社に注目していきたい。 
 

会社を元気にする51の「仕組み」

会社を元気にする51の「仕組み」

  • 作者: 新免 玲子
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2015/05/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

よく読んで経営に活かそう。 [経営に役立つ]


経営幹部養成学校―――エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす

 高山さんの新刊なので、ためらわず購入しました。

 実際に高山さんの経営塾には参加出来ない(できなかった人、私も含めて)人のためにありがたい本です。 

本当に重要な考え方が掲示されています。

特に重要な6冊についてはやはり読んでおく必要があるでしょう。 

 

 

経営幹部養成学校―――エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす

  • 作者: 高山信彦
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。